1. HOME
  2. ブログ
  3. 自然と湧き出る響き

自然と湧き出る響き

pippi1 のコピー

響塾のぴっぴと申します。
自然体のままで発する音が好きです。

今回のリハーサルでは、「染まらない連続」の一本目が良かった。
無心とは違い、身体の中から自然と流れ出てきたものをみんなで奏でる。
身体の中に筒を作ることで、楽器ができあがる。
音程を少し考え、口を開けて、そこから放出される響きを外に出す。

でも、歌い終わると、いろいろな思いが浮き出てくる。
回数を重ねるごとに、湧き出る不安。

ここの音はどうだろう?
この音であっているの?
彼と同じパートのはずなのに、、、違うのかな?
この響きの出し方で良いのだろうか?

徐々に良くなってはいるものの、はっきりとした自信がないから、新たな箇所が不安になる。

3月7日の本番まで約2か月となりました。
次のリハーサルは合宿です。2日間集中して、作品を詰め込んでいきます。
今回の作品のためのリーディングが加えられ、作品は完成へと一歩ずつ近づきます。

自信という木を太く育て、いつでも変わらず、自然と湧き出る響きを本番ではお伝えします。

関連記事