1. HOME
  2. ブログ
  3. 滑らかで明瞭な話し方になる発声法

滑らかで明瞭な話し方になる発声法

ph_Tips06

自分は滑舌が悪いと思っている人が多いようですが、実は滑舌は呼吸の浅さに原因があるのです。「滑舌が悪い・・・」と落ち込む前に、自分の呼吸の深さをチェックしてみましょう。

1.滑舌はどうしたらよくなる?

呼吸が浅いと途中で息が不足するので、語尾が不明瞭になるということが起こります。「声がはっきりしない」など聞き取りにくいのも呼吸が原因で、それを「滑舌が悪い」と勘違いしている人がほとんどなのです。まずは呼吸量を増やすようにしていきましょう。

2. 正しい呼吸法が響きを導く

発声は、呼吸と密接に関わり合っています。発声と呼吸が合わない状態で、「無呼吸に近い発声」をしている方もいらっしゃいます。

呼吸と発声のプロセスを確認しましょう。呼吸には「息を吸う」、「息を止める」、「息を吐く」の3つのアクションがあります。あらゆる発声は、この3つの呼吸のプロセスに沿って成り立っています。

・息を吸う:息を吸うときは、話す内容を考えながら緊張を高めていきます。
・息を止める:吸いきったとき、一瞬息を止めて勢いを高めていきます。
・息を吐く:次に、息を吐きながら、緊張が緩む瞬間に発声します。吐く息と一緒に発声することを忘れずに。

3. モゴモゴを改善するには

呼吸が整ったところで、今度は舌の緊張を取り除きましょう。口がモゴモゴするのは舌の緊張が原因の場合があります。舌をたくさん動かせる状態を作りましょう。アゴをしっかり動かして、大きく口を開けて笑うのが一番です。

関連記事