1. HOME
  2. ブログ
  3. 本当の声、本当の自分

本当の声、本当の自分

響塾の美晴子(みはるこ)です。

「響舞2019」まであと1カ月ちょっと。
広い会場で行う、ロングリハーサルの時期に入りました。

響塾の作品にはボディリーディングと呼ばれる「個の響き」を伝える時間があります。
今年も楠瀬先生から、一人ひとりにリーディング原稿が手渡されました。
名指しで書かれたおみくじを、あらためて引くような瞬間です。

Breavo-paraに入ったきっかけは、地下鉄のフリーペーパーに載っていた、こんな問いかけでした。
「あなたは本当の自分の声を聴いたことがありますか?」

ちょうど合唱をやっていたので、もっとらくに自然に歌える方法を探していたこと。
また、人の「見た目」と「声」の印象のギャップに興味があり、「どっちが本当?」と思っていたことから、好奇心をかき立てられました。

かわいい一軒家のスタジオはアロマのいい香りがして、お花が飾られ、心地よい音が流れています。
毎週のレッスンは、ひたすら「響く身体」づくり。
「胸に手を当てて響きを感じてみよう」とか、「響きのボールを飛ばしてみよう」とか、とにかくやってみて、観察する。
うまくいったり、いかなかったり、毎日違ってとてもおもしろいんです。

やがて「響舞」という舞台発表の場ができ、2年後には創作チーム・響塾が誕生。
道なき道をみんなで模索しながら、つねに新しいことに挑戦し、いくつもの「山」を登ってきました。

そして最後の作品となる『ウカビナガサレテ』。
今までとは少し違って、居心地のよい、いとおしい仲間たちと川下りを楽しむように創っています。

さて、賜ったおみくじの言葉は、今年も「うひゃあ!」というものでした。
自分では言ったことも、思ったこともない言葉だけれど、これもギャップというものでしょうか。

ぜひ会場で、みんなの響きを体験してみてください。

響舞2019
2019年3月10日(日)16:00開場/16:30開演
ラゾーナ川崎プラザソル
https://www.breavo-para.com/event/kyomai/

関連記事