1. HOME
  2. ブログ
  3. 声も老化する!?

声も老化する!?

ph_Tips15

声も老化することを知っていますか?
いつまでも若々しさを保ちたい、と誰もが願っています。身体の衰えを防ぐために食べ物や運動に気を使っている人も多いことでしょう。しかし、声の老化を意識している人は少ないのではないでしょうか。

身体と同様、声も老化します。そして、同じ年齢でも見た目が若い人と、すっかり老け込んでしまった人がいるのと同じように、声もいつまでも若々しい人もいれば、年の割には老けた声の人もいるものです。何がその差を分けているのでしょうか?
今回は、声のアンチエイジングについて述べていきます。

 

声帯の萎縮が老化の原因

声のアンチエイジングと言いましたが、正確には声が老けるわけではありません。声を作る筋肉である、「声帯」が老化し、萎縮してしまい、その結果、老けた声しか出せなくなる、ということです。

誰でも年齢を重ねるにつれて、身体のあちこちが衰えてきます。特に感じるのが、柔軟性が失われることでしょう。若い頃にはラクにできた柔軟体操がつらくなったり、肩こりや腰痛に悩まされるようになったりしますが、これらは筋肉が凝り固まってしまうことで起きます。声を出す筋肉である声帯も、年をとるにつれて萎縮し、伸びなくなってきます。

声帯が伸びなくなると、高い音が出にくくなります。すると女性の場合は、声から女性らしさが失われ、まるでおじさんのような声になってしまいます。男性の場合は声が小さくなり、張りのない、はきはきした感じが失われた声になります。

たとえ外見が若くても、声がこのような印象になってしまうと全体的に老けて見え、大きなイメージダウンにつながります。声の若々しさは、その人の活力ややる気、積極性を相手に感じさせるものです。声帯が老化することで「やる気がなさそう」「疲れている」と思われてしまってはビジネスもうまくいきません。会議や商談、それに電話でのやりとりが多いビジネスパーソンにとっては、身体と同様、声のアンチエイジングも大きな課題です。

続きは次回の記事で!

関連記事