1. HOME
  2. ブログ
  3. 今、10周年を迎えて

今、10周年を迎えて

img_1193

2006年4月、表参道で産声をあげたBreavo-paraが10歳になりました。
僕たちの想いに賛同し、ここまでBreavo-paraを支え、励まし、ついてきてくださったみなさんに今、心の底からありがとうという気持ちで溢れています。

父、楠瀬一途の最期。
「このメソッドは役者や歌い手だけのものではない。お前はこれを多くの人に伝えるんだ。」
この言葉を残して、父はウィンクをするように安らかな眠りにつきました。
その意志を肌で感じ受け止め、2000年より活動を始めました。そして、2006年にBreavo-paraを立ち上げました。

僕にとってこの10年とは、、、。
輝ける失敗の連続だったかもしれません。
「想い」だけで走り続けてしまう楠瀬という人間は、時には力となり光となることもありますが、それを受け止め、ついてきてくれたスタッフ達には大きな混乱と負荷を与えてしまったことも事実です。受講生の方々を通して、スタッフを通して、その失敗から本質と多くの真実を教えてもらうことができた10年。こんなに人生の中で「ありがとう」と「すまん」を口にした男も少ないと思います。
失敗を必ず真新しい歓びに変える。それが僕の10年でした。

この10年、時代は大きく動きました。今まで味わった事のない10年でした。そして、ここからまたどこへいくのか見えないまま止まることを知らない時代が流れていきます。その社会の中を生き抜く知識、常識も必要です。しかし、僕たちは自分を生きていくという最も尊い意味を持ち、存在しています。
「本来の自分」。
どんな時代であってもその自分を敬い、その自分に歓び、感動、生きる力を与えてこそ、生きがいを見い出す幸せがそこにあると僕は信じています。

声を通して「本来の自分」を掴む、思い出す。その本来の自分で生き「本来の願い」を叶える。Breavo-paraが10年間やり通してきたこと、そしてこれからもやり続けることがそこにあります。スタイルは変化しても、想いは変わらない。僕はそんなBreavo-paraが大好きです。

尊い受講生お一人おひとりに、
そして愛すべきスタッフに、
心からの感謝と今ここに共に存在し合える歓びを僕は誇りに思います。

10年間をありがとう。
そして、ここからまた毎日を真新しく一緒に肩を組んで行こう!

すべての人に歓びを
すべての人に感動を
すべての人に生きる力を

Breavo-para主宰
楠瀬誠志郎

 

★★★祝10周年&カピュムとパピュムミニアルバムMovieできました!★★★

関連記事