1. HOME
  2. ブログ
  3. 世の中は響きの方向に向かっている?

世の中は響きの方向に向かっている?

ikue001 のコピー

響塾のIkueです。

昔、コーチングの勉強をしていたとき、その礎に「人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である」という信念があったのだが、そのワークショップでも「響き」という言葉をよく使っていて、自分のかかわりが人に響いたか、人の心に響く質問ができたか、いつも問われていた。そんなとき、響塾のことを思い出し、「世の中は響きの方向に向かっている」とコメントしたことを覚えている。

その信念は、表現は違えどBreavo-paraも同じ。自分らしく生き、自分らしい声で表現できたときに、その響きはなぜか人に伝わる。自分らしさ、違いが意味を持っている。物理は詳しくないが、人も物体も波(波動)といえば波。たぶん優秀な顕微鏡で細胞を細かく見ていったら、自分らしくいられるとき、細胞はきれいな動きをしているはず。

なんだか変な話になりましたが、私は響塾3年目。自己中で勝手な私です。やりたいことも欲しいものも小規模ながら結構かなえてきました。そこそこ一生懸命仕事をし、仕事でも仲間に恵まれ、自由自適。でも何かがない。ずっと人生でやりたいことを探しています(そんな人多いかな)。

本当の自分はどこにいるのか。Breavo-paraはそんな疑問をいつも投げかけてくれる。そして、本当の自分でいてといってくれる。自己中な私も許容してくれる。毎年舞台の練習が始まる前に、“自分の時間をこんなに割くなんてできない、次は他の人のためにも遠慮しようか”と思ったりするが、やっぱり続けてしまう。こんなに自分でいていい場ってなかなかないから。

まだまだ、純粋に自分100%にはなりきれないし、時々中途半端感も迷いもありますが、毎年少しでも、自分の純粋にふれる、自身の純粋と向き合っている仲間たちと瞬間を過ごせることを大事にしたいと思っているし、Breavo-paraはそんな場です。

皆さんの大事なことはなんですか。

やりたいことはなんですか。

私は、時々響きを感じながら、まだまだ探し続けています、楽しく。
3月7日、どんな場なんだろうと気になったら、気軽に感じにきてください。

関連記事