1. HOME
  2. ブログ
  3. ワンランク上の声の使い方について

ワンランク上の声の使い方について

声についての意識を変えてみませんか?

ワンランク上の声の使い方についてお伝えしていきます!
ポイントは3つです。

1. 声は聞かれるものだという意識を持ちましょう
2. 最初の言葉と語尾を明快に響かせましょう
3. 別れ際の一言はキレイに響かせましょう

ではそれぞれについて説明します。

 

1. 声に対する姿勢を変える

声は「聞かせる」のではなく、「聞かれる」「聞いてもらう」ものだという意識を持ちましょう。のどだけで話をするのではなく、同じことでも「響き」にのせて話しかけると伝わり方がまったく違います。

「声は聞かれるもの」という意識を持つと、当然相手のことを配慮する気持ちが生まれ、思いやりにも繋がっていきます。ちょっとした意識の違いで、コミュニケーションの質がまったく違ってくるのです。

ポイント:声は聞かれるものだという意識を持ちましょう

 

2. ファーストボイスを大切に

第一印象はとても大切ですが、初対面の相手と会うときには第一声を「響き」でアピールしましょう。そして発言の際には、最初と最後の言葉をはっきり発声します。
最初を響かせても、語尾がはっきりしていないと記憶されません。頭と尻尾を明快に響かせると、とても良い印象を与えます。

ポイント:最初の言葉と語尾を明快に響かせましょう

 

3. 「残響」=「声の後姿」を美しく

残り香や余韻など、人は「そこはかとなく後に残るもの」に豊かな情緒、余情を感じます。特に日本人はこの傾向が強いとも言えるでしょう。

声についていえば、別れ際の一言は特に大切です。言葉はこだわらなくてかまいませんが、響きが美しいと、相手に鮮やかな余韻のある印象を残すことができます。
第一声も大切ですが、「残響」の美しさも好感度大です。

ポイント:別れ際の一言はキレイに響かせましょう

 

「声」についても新しい目標を設定しワンランク上の声を目指しましょう!

関連記事