本当の自分の声

身体を緩め、バランスを綺麗に整え、正しい呼吸と発声ができれば、倍音も豊かになり、奏でられるその方の声の響きは、大変魅力的で、唯一なものになります。

Breavo-paraではそれを「本当の自分の声」と呼んでいます。

自然界には、ある高さの音のみで存在する物などありません。必ず基準となる音に、倍音が一定のバランスで含まれています。同じ音程、同じ音量でも、人の声、楽器の音など、それぞれ固有の響きがします。全ては倍音の含み具合、この倍音をどういうバランスで含んでいるかによって、「響き」に個性が生まれるのです。

同じ人や楽器であるならば、どんな音を出そうが、含まれる倍音のバランスは本質的には変わりません。

ところが、同じ人や楽器であっても、コンディションや、奏者によって音色に変化が生じてきます。

身体を楽器のようにメンテナンスし、緊張を緩め、正しく発声ができるようになると、本来持っているはずの響きを取り戻す事ができます。そして身体も呼吸も楽になり、自分の声の響きに安心してパフォーマンスする事ができます。その時、姿勢や表情も美しくなり、人としても魅力的になっている事に気付く事でしょう。

声は変化するものなのです。

最新のFlash Playerをインストールしてください。